カテゴリー別アーカイブ: ジオメディア

ルートラボの遊び方を思いついたよ!

都知事選ですね。

スポーツ観戦が大好きな僕は、
やはりオリンピックが気になるわけです。

夏季と冬季の違いはあるけれでも、
各候補者が、都知事選の日はソチオリンピック開催中だということに、
どれだけの配慮をするかなぁということも
注目していたりします。

僕は東京が世界一安全で、
数々の見所が密集している素晴らしい都市だと思うので、
フルマラソンを日没直前のスタートの、
ナイトレースにできないかなぁと思う。
夜に外出しても安全なのと、東京の見所をアピールするのの、
両方ができるのではないかと。

観たい映像は、夜(もしくは日没前後)の時間の、
レインボーブリッジのアップダウンで勝負が決まるレースだ。
そんな映像なかなかないと思うので、
歴史に残るレースになるんじゃないかなぁ。

国立競技場をスタートして、
渋谷のスクランブル交差点を通り、
六本木交差点、銀座を抜けてお台場へ、
レインボーブリッジを通って戻ってくるコース。
そんなのできないかなぁと思って、
ルートラボで試作してみた。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=bd4036567aaa1783c4305eeca3cb408e

40km弱に納まっているので、
これに丁度おさまるようにどこかで距離調整すると、
いいコースになるんじゃないかと。

世界に東京をアピールするために、
みんなでルート作って遊んでみない?

オープンデータの公開だけで満足してはいけない

今日付けで、政府がオープンデータの活用サイトをオープンした。
詳しい記事はこちら

最近はCODE for JAPANの活動のように、
公共のサービスやデータにITの技術を活かそうという試みが広まってきていて、
これらはとても素晴らしいことだと思う。

でもね、これだけではまだ足りないと思うんだ。

地域情報のサービスを運営していた関係で、
こういった情報を活用していこうとしている、インターネット業界の人達に
お会いする機会が多かったのだけど、
マネタイズで上手く行っている人は非常に少ない。

政府としてはオープンデータの公開は、
新たなビジネスの創出と経済の活性化なので、
今後さらなるオープンデータの公開の加速化をさせるには、
マネタイズの方をどうにかしなければいかないんじゃないかと思う。

インターネット関連だからなのかもしれないけど、
まず面白いものを作る→人を集める→それからマネタイズ、
という考え方が多く、最後のマネタイズで苦労する…といったことばかりで、
ちょっと偏りすぎかなと感じている。
なので、僕はまずビジネスモデルから考えてみようと思う。

最近は不動産業界の人とお話させていただくことが多いのだけど、
優秀な不動産仲介業者さんは、物件所在地の情報として、ハザードマップだったり、
地盤情報だったり、都市計画などをきちんとチェックしているし、
その他地域に関わる情報を欲していたりする。

でも現在、物件情報を探すサイトにはそういった情報はあまりない。
地盤の情報や、災害リスクなどはあまり載せられていない。

これは古くからの物件掲載情報の慣習があるのもそうなのだけど、
不動産仲介業者としては、物件が売れた方がいいので、
そういう情報を載せることを好まないのも理由の一つだろう。

なので、多くの不動産仲介業者は、
土地の情報について詳しい知識を持っていなかったり、
聞かれなければ開示しなかったりするのが現状だ。

でもね、それじゃいけないと思う。

地盤情報や災害情報などがきちんと公開されることで、
家を買う時にきちんとそういった情報を調べるようになり、
そういったアドバイスをきちんとできる不動産仲介業者を選ぶように、
消費者の方も考え方が変わってくるはずだ。
そこにイノベーションとマネタイズのチャンスがある。
みんなそういう情報知りたいでしょ?

インターネット業界と呼ばれるところにいると、
どうしてもデータを利用してサービスを作ることから考えてしまうことが多いし、
同じ業種の人達だけで集まってしまうことも多いのだけど、
たまには違う業種の人達と飲みに行って、ビジネスへの活用から考えることも面白いと思う。
マーケティング担当者からすると宝の山のような気がするし。

ということで、最近飲みに行くのが多い理由としていいですか?