PROPS第4回レビュー

いやはや。

ついに建築・不動産のイベントに登壇者として参加させていただくまでになったよ。
人生どうなるかわからないものだねぇ…。10年後には何をやっているんだろう?

まずは経緯から話そうか。

僕自身が引っ越しの際に困った経験、
最初の一人暮らしでは近くにコンビニがない、
結婚してからは近くにスーパーがない、
子供生まれてからは保育園どうしようか?
そういうのを解決しようとして作ったサンゼロ賃貸の、
周辺環境スコアという指標が面白いレーティング方法だということで、
今回の登壇のお話をいただいて快諾したということ。

でもサンゼロ賃貸は「面白い」と言われていたものの、
なかなかその面白さが伝わらなかった。
そこでプロモーションとして作った周辺環境スカウターがヒットして、
今回のイベントでも実演してみましょうという話になったわけ。

周辺環境スカウターの面白さで呼んでいただいたわけではなく、
レーティングの仕組みそのものに注目していただいたことは、
大変感謝しております。

毎度のことながらの長い前置きはこれくらいにして、本題。
今回のイベントのレビューをしてみる。
ただ一点だけ、自分のことで精一杯だったので、
全体を俯瞰する余裕がなかったので、
内容が自分のことに少し偏ってしまっていると思うので、
その辺りを鑑みていただければと…。

PROPS

今回のテーマは「マーケティング・レイティング」、
副題として「プロに聞く”よい”建物が、真っ当に取引されるしくみ」。
僕だけが建築でも不動産でもない業界からの登壇なので、
一般ユーザーに近い視点での話ができればなと考えていて、
話題の中心は建物の評価方法についての話に行くのかなと予想していた。

ただ、始まってからは、少し予想と違った方向へ議論は進んでいく。
最初は消費者ごとの事情により物件の価値は変わるという話をするのは
自分だけじゃないかなと考えていた。

周辺環境スコアについては点数が高いものが良いわけではなく、
自分に必要なものを取捨選択して、より満足できる立地を探すためのもので、
同じスコアでも人によって価値が違うので、
消費者ももっと自分に必要なものをよく考える必要があると思っていた。

ところがURやリノベーションなどにおいても、
築浅であることを必須にしなければ、選択の幅は広がり、
個々のニーズによって色んな選び方があるという話になっていく。

共通の認識としては、消費者の状況や嗜好により、
いろいろな評価基準があって、それぞれに満足できる物件は違ってくる。
その多様性をどうやって伝えていくか、
消費者側としてはどうやって理解していくかということだ。

不動産鑑定、リノベーション、UR、ITと違った方法を採っているだけで、
自分が考えていたことと、他の登壇者のみなさんが考えていたゴールは
同じところにあるのかなと感じた。

ではどのように実現していくかということだ。

消費者が自分に必要な周辺環境を掘り下げて考えることはできても、
不動産取引や建物の評価を勉強することは難しいと思う。
それならば信頼できるプロに任せて取引を安心なものにし、
その中にホームインスペクションも入ってくるというのが良いと思う。

インターネットの利用者も増え、リテラシーも高まってきた今、
「○○不動産」という屋号ではなくて、
そろそろ個人名で勝負をする人達が出てくるべきだと思う。

現在はレインズの仕組みがあり、
どの仲介業者に行っても同じ物件が出てくるので、
仲介業者間の競争を少なくしてしまっている。

そのため、消費者側としては、
「どこの不動産屋に行っても同じ」と思ってしまい、
それが「利益が高い物件」から勧める仲介業者を生むことになっていて、
売り手優位の構造になっている。

いわゆる「情報の非対称性」っていうやつだ。

これを解決するには、買主のためにはたらく「バイヤーズエージェント」と
呼ばれる仲介業者の中の担当者や個人が出てきて、
それを同業他社との差別化として情報公開を行っていくべきだと思う。

個人名を出してコンシェルジュ的な活動がされていくと、
消費者が仲介業者の中の個人を選定するようになる。
その過程で様々な情報に触れるようになり、
それが「情報の非対称性」の解決に向かってのではないか。

そして消費者の持つ情報量も増えることになり、
物件の選び方も多様化され、、リノベーションやURなど、
古い物件の価値も高まってくるだろう。

今回登壇された方々は、不動産鑑定やUR、リノベーションなど、
それぞれの立場から「”よい”建物が、真っ当に取引されるしくみ」を
目指している。

僕はインターネットでバイヤーズエージェントの仲介サービスを作ることで、
「”よい”建物が、真っ当に取引されるしくみ」を目指して行きたいと、
本気で考えている。

最後に大事なことを忘れていた。

第5回の「建築・不動産と情報技術」プロジェクトの見える化と合意形成

が3月31日(日)に開催されるので、是非みなさんご参加ください!

PROPSについて

前回の記事が思ったより好評だったようで嬉しいです。

前置きが長くなったのもあって、PROPSについての説明が足りてなかったね。
なんか最近色々言ってるけど、そもそもPROPSって何?という人も多そうなので、
今回はPROPSについて書いてみるよ。

PROPS

ただ、僕も途中から関わらさせていただいているので、
理解が足りてないようでしたらごめんなさい。
そして補足していただけると助かります。

建築の人と不動産の人とで、
近いようで溝があったりするよねということで、
「建築不動産実務クラスタ交流会」としてはじまった会だそうだ。
2012年度はPROPSと名前を改め、
「ネクストマーケット」をテーマに6回のトークイベントを開催している。

…ここまではPROPSのサイトにも記載されている通り。
ここからは関わらせていただいている印象を、僕の言葉で伝えてみるよ。

前回書いたように、不動産仲介の仕組みに問題があったり、
建築でも建物に価値をつけていく方法だったり、
キャリア形成が難しかったりと、
“よい”はずのものが正しく評価、流通されなかったりする。

実は業界内部にもそういうことに問題を感じている人が多かったみたい。
それがtwitterやfacebookなどの広まりで集約されてきて、
面白いイベントになってきたのだと思う。

インターネットが出てきて通販が大きく変わって、
スマートフォンの普及で販促が変わってきた。

情報にアクセスし易い時代になってきて、
次は建築や不動産でも、業界の慣習が変わってくる可能性あるのかなと思う。
そこが今年のテーマの「ネクストマーケット」ということで、
新しい形のビジネスもはじまってくるのかもね。

ね、ちょっとwatchしていた方がいいと思うでしょ?

みんな損していることに気づいてない

最近facebookなどでよくPROPSのことに言及している。

なぜプログラマーだった僕が、サンゼロ賃貸サンゼロマンションなどのサイトをはじめたり、
建築や不動産のイベントであるPROPSの運営を手伝いはじめたりしたのか、
まずはその話からしようか。

少し前から僕のことを知っている人は、プログラマーで、
開発や運用保守の効率化、新しいものに関心がある、
コードを書くのが本当に好きなイメージしかないと思う。
事業を立ち上げてもしばらくはそれは変わらなかった。

そういう中で、幸運にもiPhone発売から1か月後に出したアプリで、
AppStoreの2位まで上がったり、30min.がそれなりのPVのサイトに成長したりと、
まずまず順調に思われるような感じだったんだけど…。

正直、あまり儲からないわけですよw。

自分の責任は良いプロダクトを作ることで、
それを続けていれば、「これいいからビジネス面俺に任せてよ!」と
言ってくれる人が自然と出てくると思ってたんだけど…
まぁ、現実はそんなに甘くないわけです。

結局自分で全部上から下まで面倒見なきゃダメなんだなと思ったのと、
作り手としてやりたかったことはだいたいできたので、
そこから作ること以外を考えるようになった。

そこで感じたんだけど、結構騒がれているサービスでも、
ビジネスモデルないとダメだなと。
あと「インターネット業界」って言葉も変だなと。
技術はツールであって、それ単体で成り立つものじゃないなと。

そこからビジネスを真剣に考えることになる。
よく「自分が使いたいものを作るのがいい」とも言われるけど、
半分は合ってて、半分は間違ってると思う。
「自分がお金を払っても欲しいものを作る」じゃないとダメだよね。
売れる商材か、お金を払ってでも解決したい問題の解決じゃないとダメだなと。

そこで単価の高い商材である不動産の方に力を入れ始めた。
でも普通にやるだけだと面白くないので、
「お金を払ってでも解決したい問題」を探し始めて、
自然と「インターネット業界」の人達よりも、
建築、不動産の人達と話をするようになっていった中で、
PROPSに関わるようになったわけ。

で、長い長い前置きが終わって、ここから本題。

PROPS

PROPSについて。

僕は今まで不動産業界の人達って、
昔ながらの仕組みで仕事をしている、
どちらかというと考え方が固い人達だと勝手にイメージしてた。
でも、そういう価値観がすぐぶっ壊された。
偏った仕組みの是正を本気で考えている人達いるんだなと。

実は不動産仲介だけは、色々な制約があって、
(第4回では田中さんがこの辺りを分かりやすく説明してくれるはず)
インターネットがあっても、売主と買主の
直接取引が成立しない仕組みだったりする。

で、もう少し踏み込んで調べていくと、
いわゆる売主と買主の情報の非対称性という問題に気づく。
売主優位な市場なんだよね。
これを読んでくれている人の大半は買主(賃貸の場合は借主)のはず。
つまり、あなたは不利な状態になっているわけ。
みんな損していることに気がついていない。

今回のサブタイトルは、
「プロに聞く”よい”建物が、真っ当に取引されるしくみ」
ということ。

実は現在の仕組みでは流通の仕組みの問題で、
必ずしも”よい”建物が勧められているとは限らない。
この辺の構造を知っていると、
自分が家を買う時、借りる時に損をしにくくなると思う。

今回のPROPSはそんな会なので、
建築、不動産仲介に興味がなくてもオススメです。
これから引っ越しをする時、家を買う時に非常に役に立つので、
是非参加してみてください。
詳細はこちら↓

第4回 マーケティング・レイティング -プロに聞く”よい”建物が、真っ当に取引されるしくみ-

あとね、インターネットで仕事している人達も、
同業の集まりだけなじゃくて、
他業種の話も聞いた方がいいんじゃないかなと、僕は思うよ。

みんなのパンケーキ部

みんなのパンケーキ部サービスリリースしました。

今回は僕は何も担当していないけど、
リリース直後からTwitter経由で結構な流入が来ていて、
みんなパンケーキ好きだなぁと驚いているところ。悪くない滑り出しかな。

でもこれから色々指摘されるだろうけど…
ビジネスモデル考えなきゃなぁ…。

そういや今年は年始からほとんどコードを書いてない。
今年35歳になるんだけど。やっぱりエンジニア定年のお年頃なのかなぁ…。
ということで、今日のメインの仕事も企画書の詰めだったり。

箱根駅伝

あけましておめでとうございます。

ちょっとブログについてのスタンスを変えようかなぁと思って、
心機一転リニューアルしてみました。

いやね、なんかベンチャー企業の人っぽい記事を
書かなきゃいけないのかなーと思ってたんですよ。
そういうのがあると更新しづらくて…。

facebookで日々なんとなく考えてること書いてたりした方が、
意外に反響良かったりとかなので、
今年は素で書こうかなと。だから更新頻度増える…はず?

…というわけで、一発目は箱根駅伝のネタです。

実は事前に箱根駅伝を10倍楽しく観る方法を作って公表してたら、好評だったみたい。
先行有利の件とか、前田と大迫が入ってくることなどは順当だったんだけど…
まさかの日体大の躍進。予選会からは厳しいと書いたのが大きく外れてしまった。
なかなか予想は難しいなーと痛感。

で、復路に向けての展望。

日体大が逃げ切るのはさすがに難しいと思う。
6区で東洋が差を詰めて、7~9区で逆転という感じかなぁ。
早稲田も少し厳しいかな。7区の志方には期待しているけど、
1人じゃどうにもならなさそうだ。東洋圧勝の予感が…。

あと駒沢はどこまで上がって来れるだろうか?
ここ2~3年、選手の持ちタイムは抜群なのに、なぜか失速している。
コンディショニングの問題か、長い距離への対応の問題か…。
1区由布、2区窪田、5区村山と、区間賞争いに絡みそうなはずの選手が、
区間中位に沈んでいるあたりが解せない。

チーム全体が調子悪そうに見えるので、それほど上がって来れないか、
もしくはプレッシャーから解き放たれて怒涛の追い上げを見せるか、
追い上げてくれば楽しい展開になるよね。でも早稲田までは来ないで欲しいけどw。

あとは、往路が強力な向かい風だったので、
前の選手を風除けに使ってた関係か、シード権争いのチーム間に差があまりない。
なので、シード権争いは激化しそう。9区~10区で5~6チームの争いになる可能性も。
正直先頭争いよりこちらの方が面白くなりそうだなぁ…。

明日は朝一で実家に向かって、実家で復路を観る予定。

株式会社グレイセルズ 代表取締役社長 野々村範之のブログ